1. TOP
  2. AGA
  3. 20代で若ハゲにならない為に!若ハゲ防止に役立つ予防対策法!

20代で若ハゲにならない為に!若ハゲ防止に役立つ予防対策法!

    若ハゲ予防

    最近では10代、20代の若い方も薄毛に悩んでいるようです。
    大人気ベストセラーのライフシフトでも平均寿命が107歳になるなんて言われているので、
    20代で禿げてしますと、80年間薄毛に悩まされることになりますね。

    今回は若ハゲ(脱毛症)の特徴と予防法や対策をご紹介します。

    若ハゲって病気なの?脱毛症の種類や特徴をご紹介!

    10代、20代という若い時に、抜け毛が多くなると、友人にいじられたりして、相当焦ってしまいますよね。
    私たちにもいろいろな相談がきます

    親が薄いんですが、僕も薄くなりますか?
    頭皮が動かないので薄毛になりますか?
    額が人より広いんですがどうすればいいですか?
    くせ毛が若ハゲになりやすいと聞いたのですが、本当でしょうか?
    野球部で帽子かぶっていたので薄くなったと思います。

    20代前半や10代後半で抜け毛が多くなってしまうと本当に悩んでしまうようです。
    Twitterなどでも若ハゲというワードで毎日相当数のつぶやきがあります。
    そして結構多くの人が間違った若ハゲ対策をしています。

    まず若ハゲとは病気なのか?ですが、若ハゲとは若年性脱毛症という名称がついていますが、病気ではありません。
    若ハゲの人全体とそう称しているだけです。

    現在病気と呼ばれる病的脱毛の症状は20種類以上もあるといわれ、日々研究が行われています。

    脱毛種類

    代表的な脱毛症の種類をご紹介

    脱毛症には、いくつかの種類があります。それぞれ詳しく解説していきます。

    (1) 男性型脱毛症(AGA)

    よく言われていて、最近CMでもやっているやつですね。
    多くの人が脱毛症というとAGAを思いつきますよね。
    男性ホルモンが原因な病気です。
    男性ホルモンとは、フェロモンとかも呼ばれたり、性欲につながる重要な要因でそれ自体は悪くないです。この男性ホルモンが毛根に悪影響を及ぼすときに起こります。

    参考:AGAに効く育毛剤おすすめ口コミランキング!

    男性ホルモン

    (2) 脂漏性脱毛症

    皮脂の過剰分泌が原因で起こります。頭皮に炎症が起きてしまい、毛が育たなくなってしまうんです。
    AGAと並行して起こりやすいので脱毛の進行が進みます。

    (3) 円形脱毛症

    いきなり10円玉のようなハゲが出来るあれです。はっきりとした原因は不明ですが、ストレスを過剰に受けると起きやすいようです。
    自己免疫力という説もあるようです。

    円形脱毛症

    (4) 粃糠性脱毛症

    これは頭皮が乾燥してフケが増殖し、頭皮に炎症を起こし、毛根に悪影響を与える場合に起きます。

    (5) 対症性脱毛症

    やけどやケガなどにより起こる脱毛症です。

    (6)ダイエットによる脱毛症

    実はダイエットによる脱毛症もあるんです。

    さてどうでしたでしょうか?
    あなたは上記脱毛症のどれに分類されそうですか?
    基本的に若ハゲもそうですが、薄毛の対策とは症状を正式に踏まれたうえで対策をするべきです。
    そうでない場合、実は、間違った若ハゲ対策をし続けて悪影響でもっと薄毛なんてことにもなりかねません。

    地肌見える

    最近20代に流行りの脱毛症は?

    最近は、やはり脂漏性疾患やAGAが原因の若ハゲ症状が増えています。
    若いということもあり、皮脂が過剰分泌しており、頭皮の呼吸する部位を防いでしまい毛根の正常な活動を妨げています。
    症状としては、生え際の後退、頭頂部の毛髪が成長する前に抜けてしまい毛量が減り、地肌が見えてしまいハゲにみえてしまうという症状が増えています。

    成長する前に減る!?髪のヘアサイクルとは

    髪が新しく生えてから抜けるまでの過程をヘアサイクルといいます。
    過程としては、成長期→移行期→休止期の3つの段階があり、成長期の中でも前期・中期・後期にわかれます。

    髪のサイクルを示す矢印
    この期間が2年~7年といわれ、2週間の移行期を経て休止期にはいります。
    休止期は、毛根は3か月間位かけて自然脱毛といい、自然に抜けていきます。
    通常は成長期に髪の85%があり、残り15%が移行期や休止期です。
    要するに大体は成長期にあります。
    しかし病的脱毛症状になると、成長期の髪が抜けることになります
    成長期の比率が下がるので当然抜け毛が多くなり、薄毛の原因になります。

    若ハゲの原因って何?

    若ハゲの原因は大きく2つで
    ・頭皮へのダメージ
    ・男性ホルモンの乱れ
    といわれています。

    若ハゲ予防には必見!!若ハゲになりやすい人の傾向や習慣

    睡眠時間が2時過ぎな人

    私もそうでしたが、若い時の深夜番組程楽しいものはありません。
    私も毎日2時過ぎまで見ていた時期もあります。

    しかし髪にとって良いゴールデンタイムとは午後10時から午前2時までです。
    この時間に睡眠をとれていないということは頭皮に決してよくないです。

    また社会人になって忙しく終電で帰るなんてことは新卒3年目まで位の人は多いと思いますが、この方達も注意が必要です。
    忙しいと朝シャンなんて人も多いと思いますが、洗い残しの人が大半です。

    終電

    カラー、パーマ、大量の整髪料をしている人

    カラー、パーマを美容院でしている人はまだ安全でしょう。
    ただ、若い方の多くは市販の商品を使いパーマやカラーをしています。
    加えてその頻度もかなり多くて当然頭皮には悪いです。

    また整髪料だと最近エクザイルさんがしているような髪型が流行っています。
    髪に大量の整髪料を付着させて、テカるようにしているあれですね。

    ジェル髪型

    あの髪型は頭皮にはあまりよくないです。

    何がまずいかというと、1点目は整髪料が落としきれないということです。
    1回のシャンプーだとこのような整髪料の塗料を全部洗い流す事は厳しいです。
    しかし2回シャンプーをしている人は若い世代だとあまりいないのではないでしょうか。

    またもう1点としては、洗浄力の強いシャンプーを利用しているケースです。
    市販の安いシャンプーは基本的に石油系シャンプーと呼ばれるものでツヤは出やすいし、洗浄力が一見あるので相当人気ですが、頭皮には強い影響があります。

    シャンプー

    長髪は禿げやすいという人がいますが、長髪自体は薄毛の要因にはなりません。
    ただ、ケアがやはり大変なのと、頭皮を触りずぎると、薄毛につながります。

    座り仕事やパソコンをずっとやっている、同じ体勢の人

    事務やシステムエンジニアの方もしくはネットサーフィンが趣味の方も注意が必要です。
    女性のセルライトやエンジニアの方のヘルニア等にも通じますが、基本同じ体制でずっといることは
    体にとって良くないです。

    血流
    血行不良に繋がり、頭皮にも悪いですし、体全体にも悪いです。
    二の腕も太ももも太くなりやすいのは、こういった部位はマッサージや揉む機会が少ないので脂肪が硬くなるからなんです。
    頭皮に関しては心肺機能を通して栄養が送られますので、当然同じ位置や体制にいると、凝っているその部位にだけ血液が回りにくくなります。

    運動不足の人

    先ほども述べましたが、心肺機能が低下すると、血行不良になりやすいです。
    またストレス解消もできないので、ホルモンバランスの乱れにも繋がる傾向があります。

    ストレス

    ストレス過多の人

    ストレス過多になると、ホルモンバランスに乱れがおきます。
    そうすると育毛や発毛に影響を及ぼします。

    過度なダイエットが若ハゲの原因になる場合も?!
    これは女性に多いですが、ダイエットも当然ホルモンバランスの乱れにつながるのでよくはないです。
    また頭皮に必要な栄養分も摂取できなくなる可能性もあるのでオススメしません。

    若ハゲは予防が一番

    若い時に薄毛や抜け毛は対処しておいた方がやはりよいです。
    基本的に若ハゲ対策とは、3か月以上かかるものが多いです。
    生活習慣の改善と、ホルモンバランスの正常化はやはり習慣なのでそんなすぐには改善されません。

    しかし若い時から予防しておけば、薄毛対策も微調整程度で済みますし、お金もかかりません。

    頭皮触りすぎ

    また薄毛になると頭皮を触りすぎる人が多いらしいです。
    加えて過剰に意識する人が日本人だと30%以上いるようです。

    頭皮の触りすぎは、頭皮によくないですし、過剰意識はストレスに繋がります。
    何事も対策よりも予防を心がけましょう。

    若ハゲの予防・対策方法

    まずは日々自身で出来るセルフケアから紹介しておきます

    食事

    食事に関してはいうまでもなくファストフードやコンビニは避けましょう。
    味の濃いものは基本的には髪や頭皮にはよくないと覚えておきましょう。

    ファストフード

    若いとどうしてもそういった食事で済ませてしまいがちですが、出来るだけ魚や大豆などを摂取するようにしましょう。
    もちろん海藻もオススメです。
    髪によいのはアミノ酸を含むたんぱく質が多い食品です。
    魚、卵、大豆、カキなどです。

    大豆

    後はヨードを多く含む食品で髪の発育を助けましょう
    海藻、昆布、ひじきなどです。

    ビタミンやミネラルも抜け毛や血行をよくするので多く取りましょう。
    これはサプリメントでもよいかもしれないですね。

    正しいシャンプーをする

    シャンプーの正しい洗い方は教わったことがない人が多いのですよね。
    しかし毎日のことなのでやはり、とても重要です。

    シャンプー

    まずはいつもの3倍お湯で髪と頭皮を洗い流しましょう。
    これで大抵の汚れは落ちます。
    そして、シャンプーはアミノ酸のノンシリコンシャンプーで、頭皮を指の腹でしっかりと揉みこむように洗いましょう。
    整髪料が強い人は2回洗いましょう。

    睡眠時間

    これは毎日と行かないかもしれないですが、出来るだけ午前2時までに寝ましょう。

    運動

    社会人3年目までなどは忙しく土曜仕事、日曜ずっと寝ているという人も多いと思いますが、定期的に運動することでストレス解消や血行促進につながります。

    育毛剤

    若い人の脱毛は、生え際から頭頂部がはげていくAGA症状が多いです。
    これは男性ホルモンであるジヒドロテストステロンが5αリダクターゼとくっついて生じます。
    育毛剤はこの5αリダクターゼを抑制する役割をもっています。

    育毛剤の働き

    要するに育毛剤以外で、頭皮環境を正常に戻し、育毛剤で5αリダクターゼという若ハゲの本質的な原因を作らせないというわけです。
    また育毛剤は若い方に多い過剰皮脂も抑えます。特に人気の育毛剤がチャップアップです。

    厚生労働省認可の育毛剤

    チャップアップ(CHUP  UP)

    単品価格:7,400円(税込)

    返金保証:定期コース⇒無期限

         単品⇒商品発送から30日以内

     

    育毛剤のメリット

    私個人としては、育毛剤のメリットは、育毛剤以外のセルフケアが出来ないのをなんとか助けてくれる役割があると思っています。
    きちんとした食事もは時間もお金もかかる、睡眠時間は業務過多でやはり長い、ストレスは新人で多いなどどうしても自助努力で解決できない面をなんとか補ってもらうイメージです。

    育毛剤メリット

    当サイトが現在一番おすすめする育毛剤

    チャップアップ(CHAP UP)
    チャップアップ育毛剤

    価格:7,400円
    内容量:120ml
    販売元:株式会社ソーシャルテック

    現在、通販で一番売れている育毛剤がチャップアップです。
    当サイトの専門チームも成分や効果について検証し、ユーザーアンケートなどを取った結果、チャップアップが一番効果が出ていることがわかりました。

    ※当サイトでも実際に検証してみています。
    チャップアップの記事まとめ>>

    ポイントは以下です。
    ・ネットで一番売れている育毛剤
    ・44種類のスカルプケア成分、有効成分3種類、天然成分55種類、アミノ酸15種類など
    ・無添加、無香料
    ・購入回数縛り無し
    ・永久返金保証制度
    ・モンドセレクション金賞受賞
    です。

    当社が実施したユーザーアンケートでも薄毛に悩んでいた73%がチャップアップで改善したと答えました。
    (2018年3月Webアンケート対象者:516人)

    モンドセレクション金賞受賞 チャップアップ




    \ SNSでシェアしよう! /

    薄毛の教科書の注目記事を受け取ろう

    若ハゲ予防

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    薄毛の教科書の人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

      この記事をSNSでシェア

    この記事を読んだ人におすすめの記事

    • 薄毛(AGA)治療 福岡の病院・クリニック口コミ効果ランキング

    • 薄毛(AGA)治療 大阪の病院・クリニック口コミ効果ランキング

    • どうしてハゲるのか??【原因と対策】

    • 薄毛(AGA)治療 京都の病院・クリニック口コミ効果ランキング

    • AGA対策には生活習慣の見直しも大事

    • 薄毛(AGA)治療 渋谷の病院・クリニック口コミ効果ランキング