1. TOP
  2. 育毛剤の副作用について
  3. 育毛剤に含まれる発がん性物質

育毛剤に含まれる発がん性物質

育毛剤は、抜け毛が多くなったり、髪の毛が薄くなったりしたさいに使うものですが、その種類は多く、育毛剤に含まれる物質も多種多様です。
そもそも、抜け毛や薄毛の原因としては、発毛周期の乱れがあります。通常、毛は成長期、退行期、休眠期のサイクルを繰り返しており、抜けない毛は存在しません。これは毛根細胞が死ぬまで続きますが、毛根細胞が正常であるにも関わらず、何らかの理由によりこのサイクルが短くなったり休眠期から成長期に移行しなくなったりする場合があります。理由は栄養不足や血行不良、またホルモンによる作用があり、これらを改善する目的で付けるのが育毛剤です。
育毛剤では、天然素材を配合したものから効果が実証されている薬品が配合されたものまでありますが、一部では発がん性物質が含まれるとされています。そもそも発がん性物質は身近な物質にも含まれており、どの程度の量をもって発がん性があるとするのかには、化学的な見地で見る必要があります。
最も発がん性が懸念されている育毛剤としてフィンペシアがあります。フィンペシアは、男性型脱毛症に有効な成分であるフィナステリドが1mg配合された薬です。フィナステリドが含まれた薬は日本国内ではプロペシアのみになるのですが、フィンペシアはプロペシアのジェネリック薬になります。しかし、含まれる成分は微妙に異なり、プロペシアには含まれないキリンイエローという物質が含まれています。このキリンイエローは食品に対して添加してはならない合成着色料なため、フィンペシアにも発がんの可能性があると思われていますが、実際に含まれる量はわずかなため、発がんのリスクはあるもののタバコやアルコールに比べて圧倒的に低いリスクであり、気にするほどではありません。

当サイトが現在一番おすすめする育毛剤

チャップアップ(CHAP UP)
チャップアップ育毛剤

価格:7,400円
内容量:120ml
販売元:株式会社ソーシャルテック

現在、通販で一番売れている育毛剤がチャップアップです。
当サイトの専門チームも成分や効果について検証し、ユーザーアンケートなどを取った結果、チャップアップが一番効果が出ていることがわかりました。

※当サイトでも実際に検証してみています。
チャップアップの記事まとめ>>

ポイントは以下です。
・ネットで一番売れている育毛剤
・44種類のスカルプケア成分、有効成分3種類、天然成分55種類、アミノ酸15種類など
・無添加、無香料
・購入回数縛り無し
・永久返金保証制度
・モンドセレクション金賞受賞
です。

当社が実施したユーザーアンケートでも薄毛に悩んでいた73%がチャップアップで改善したと答えました。
(2018年3月Webアンケート対象者:516人)

モンドセレクション金賞受賞 チャップアップ