1. TOP
  2. ヘアケア
  3. 発毛剤
  4. 発毛剤に配合されているミノキシジルの効果や副作用はどうか?

発毛剤に配合されているミノキシジルの効果や副作用はどうか?

    副作用

    髪が薄くなってきた場合は出来るだけ早く対策をし、薄毛の進行を抑えておきたいところです。

    特にAGAと呼ばれる男性型脱毛症の症状の方が昨今増えてきており、自宅で行えるヘアケアの1つとして発毛剤や育毛剤が良く選ばれています。

    (AGAの症状は前髪の生え際から薄くなっていき次第に、頭頂部が禿げてくるのが主な症状といわれます。両サイドはあるけど生え際と頭頂部は禿げている症状のことをいいます。)

    塗布型の発毛剤や育毛剤は頭皮につけて軽くマッサージするだけで薄毛改善が期待できますが、ミノキジジル配合の発毛剤は良い効果だけではなく副作用報告も上がっています。

    そもそもミノキシジルって何?

    「ミノキシジル」とは抜け毛や薄毛の治療に使われる薬剤です。

    ミノキシジルは始めから発毛を目標にして開発された薬ではありません。
    もともとアメリカで、1970年代後半から高血圧の方向けの血圧降下剤として開発されてきた薬です。

    副作用として全身の毛が濃くなった、顕著に増えたという症例が多発しました。

    その後薄毛、脱毛症に効果があるのでは?として臨床試験が実施されました。
    1980年代には脱毛症の治療薬「ロゲイン」としてアメリカで販売を開始しました。

    日本では、「リアップ」がミノキシジル1%を配合し、一般用医薬品として発売されています。

    ミノキシジルは、日本では現在のところ塗り薬だけですが、外国では塗り薬のみならず内服薬も発売されています。
    抜け毛対策

    日本でミノキジジルが配合されている発毛剤は?

    日本では唯一発毛剤として認定されている医薬品「リアップ」にミノキシジルは配合されています。

    成分

    ミノキシジルのタイプ

    ミノキシジルは、大正製薬のリアップが代表的な塗布型と、ミノキシジルタブレットという飲むタイプ(内服薬)があります。

    飲むタイプの方が、即効性が高いといわれております。

    ミノキシジルの購入場所は?

    薬局でも購入できるものがありますし(薬局ではリアップのみです)、医療機関でも処方してもらうことができます。
    最近では通販で海外のものを購入する方も多い様ですが、ミノキジジル配合の製品は医薬品なので本来医師の許可なく購入は出来ません。
    (ポラリスなど海外の製品を買う際は十分注意ください)

    医療機関では服用するタイプ(タブレット)のプロペシア(男性ホルモン抑制剤)と合わせて、使われることも多くなっています。

    プロペシアは男性専用で女性には使うことができませんが、ミノキシジルは女性の薄毛対策にも利用することができます。
    効果的な成分ですが、即効で効果が出ると言うわけではありませんので、継続して使っていくことも大切です。

    ミノキシジルの効果って?薄毛改善効果が高い!?

    ミノキシジルは血管を広げて血流を良くする薬ですので血行を促進させる効果があり、頭頂部の薄毛対策に良い成分とされています。

    頭頂部は他の部分と比べて血流は良くないともいわれています。

    血流不足は頭皮に十分な栄養が行き届かない可能性があり、血流を促進することでこの血流不足を改善し、髪のヘアサイクルを正常化させる作用が期待されています。

    発毛剤の場合はミノキシジルの含有量が多ければ多いほど育毛効果が期待できますが、ミノキシジル含有量5%配合の育毛剤では、なんと使った人の約95%の人が、確かな発毛・育毛効果を実感したと回答しています。
    市販されている「リアップ」のミノキシジルは成分配合1%ですが、
    5%の成分配合のデータによると、
    「顕著に毛が増えてきた」が10%前後、
    「ある程度、毛が増えてきた」が85%ほどで、
    95%の人が「発毛効果が実感できた」と回答しています。

    また、効果のスピードも早く、2ヶ月後には明確に毛の本数が増えるだけでなく、髪が太くなるとの効果も報告されています。

    よく言われるミノキシジルの副作用は?

    ミノキシジル自体に性欲減退、多毛症、性的不能、頭痛、不整脈、動悸などの副作用報告があります。

    ロゲインという海外のリアップのような商品の開発者が3名当時死亡しているという報告もあります。
    改善はされているようですがこういった副作用がミノキシジルにはありという事を覚えておきましょう。

    先ほどのプロペシアも副作用があると報告されています。

    ミノキシジルの使用上の注意点

    ミノキシジルには内服薬と、塗り薬などの外用薬があり、それぞれの体質や症状にあわせて使い方を選ぶことができます。

    内服薬は身体の中から直接頭皮に作用するために育毛効果が高いのですが、その反面身体への影響も大きいです。

    血圧に異常がある人や心臓、肝臓の基礎疾患を持つ人は使うことができません。

    外用薬であっても、
    ・血圧の低下
    ・肝機能の低下
    ・眠気や倦怠感
    ・頭痛
    ・むくみ
    ・全身の多毛症
    などの副作用のリスクがありますので、ミノキシジルは必ず医師が指導する用法・用量を守って使用しましょう。

    気になる症状がある場合には速やかに使用を中断して、医師に相談をして下さい。

    ミノキシジル開発

    知っておきたい育毛剤と発毛剤の違い

    ミノキシジルは発毛効果がある成分であり、これは国内ではリアップのみが発毛剤と認定されており、ミノキジジルが配合されております。

    では発毛剤とは何でしょう?育毛剤と何が異なるのでしょうか?

    発毛剤とは言葉の通り0から髪が生えてくる効果を期待するものです。
    それとは対照的に育毛剤は頭皮環境などを正常化し、正しいヘアサイクル(毛周期)に戻すことを期待するものです。

    両者とも発毛効果があるといわれるのは、育毛剤で頭皮環境が正常化されれば今まで産毛などで脱毛していた髪が正常に生えるので発毛したような結果が得られるからです。

    ただ本当の意味で0から生えるというのは今国内ではリアップのみしかありません。

    発毛剤には副作用リスクがある、育毛剤はない

    発毛剤には副作用があります。
    なので医師の判断が必要な医薬品に含まれています。上記のようなミノキシジルの場合、副作用ですね。

    育毛剤は医薬部外品というサプリメントと同等の扱いなので副作用はありません。

    むしろ効果が高いので副作用が高いという解釈も分かりやすいかもしれません。
    育毛剤の効果は最低3か月程度といわれています。

    血行促進

    ミノキジジル配合の発毛剤と育毛剤どちらを買えばいいか?

    この結論は個人によるという事になりそうですが、私個人の見解では、育毛剤をオススメします。

    薄毛改善を求めているのはわかります。
    ただ副作用リスクがあるので、それだけ体に強制力な変化を与えるといっても良いでしょう。

    薄毛治療や薄毛対策をしている方の多くは社会人の方だと思います。
    そんな方が副作用のリスクを負うことに疑問を持つとともに、育毛剤でも最近では十分効果を期待できるものもあります。

    厚生労働省認可の育毛剤もあります。
    そちらを試してみてからでも遅くはないと思います。

    チャップアップは厚生労働省認可の育毛剤で副作用はありません!

    今通販で最も売れているといわれており、電車広告などでも有名はチャップアップは副作用がない育毛剤として人気です。

    サプリメントと塗布型のセット販売で内側と外側からの両アプローチにより薄毛改善を促しています。

    料金も月1万円以下で手軽に開始が出来ますので、是非チェックすることをオススメします。

    ミノキシジルの発毛剤を使ってから症状が改善してきた(体験談)

    私は学生の頃から比較的髪の毛が少ない状態でしたが、その頃は同級生の人達と比較しても顕著に変わるわけではなかったので、冷やかされても笑って過ごせる状況でした。

    これが、社会人になる頃には生え際が少しばかり目立つようになり、中年にさしかかる頃にははっきりと薄毛の状態が確認できるようになったのです。同年代の人達に比べると10歳以上老けて見えるような状況です。

    頭頂部分の薄毛もけっこう目立つようになってきており、遠目からでも頭頂部分の地肌がうっすらと見えるような状況でした。

    若い頃から育毛専用のトニックは使っていましたが、気休め程度で中々良い結果が現れない状況が続いていました。ドラッグストアで販売されているリーズナブルな製品は、何種類も使ってみたのですが少しばかり変化がある程度でどれも私の頭皮には大きな変化が出ませんでした。

    そのような状況が続いていたため、更に良い育毛環境にする為にネットのブログなどをチェックしていき、育毛対策に長く取り組んでいる人達がどのような製品を使っているのかチェックしました。
    ミノキシジル効果

    その時に多かったのがミノキシジルが含有している発毛剤リアップでした。

    ミノキシジルは発毛因子へ刺激を与えて成長段階の髪の毛を増やす働きがあります。

    その為、ある程度抜け毛が増加した状態となった状況を改善できる可能性が高まります。

    この時気になったのが男性型脱毛症の問題です。

    中年の男性で薄毛になった人の多くはAGAの症状が現れている可能性が高いため、私も自分の頭皮が非常に気になったので育毛関連のサロンに行って相談する事にしました。

    問い合わせをするときにはかなり緊張したのですが、実際に担当者と話をしているときにはかなりリラックスして話をする事ができました。

    その時、AGAの症状を確認し薄毛対策のプランを提案されましたが、結構な価格がすることが気になったので、とりあえずそのまま帰ってしまいました。
    そこから少しばかり考えて、AGA治療薬を自分で手配するという判断にしました。

    医師の処方箋がないため医薬品を使用するときの判断は自己判断になります。

    余りに多めのAGA治療薬を使うと副作用が出ることが分かっているので、多くの人が使用している半分の分量も使用しています。

    このAGAの治療薬(フィナステリドのジェネリック医薬品)とミノキシジルの育毛剤のバランスに切り替えてからは、抜け毛の量もかなり減少してきて髪の毛全体のボリュームも少しばかり増えたように感じられます。

    当サイトが現在一番おすすめする育毛剤

    チャップアップ(CHAP UP)
    チャップアップ育毛剤

    価格:7,400円
    内容量:120ml
    販売元:株式会社ソーシャルテック

    現在、通販で一番売れている育毛剤がチャップアップです。
    当サイトの専門チームも成分や効果について検証し、ユーザーアンケートなどを取った結果、チャップアップが一番効果が出ていることがわかりました。

    ※当サイトでも実際に検証してみています。
    チャップアップの記事まとめ>>

    ポイントは以下です。
    ・ネットで一番売れている育毛剤
    ・44種類のスカルプケア成分、有効成分3種類、天然成分55種類、アミノ酸15種類など
    ・無添加、無香料
    ・購入回数縛り無し
    ・永久返金保証制度
    ・モンドセレクション金賞受賞
    です。

    当社が実施したユーザーアンケートでも薄毛に悩んでいた73%がチャップアップで改善したと答えました。
    (2018年3月Webアンケート対象者:516人)

    モンドセレクション金賞受賞 チャップアップ




    \ SNSでシェアしよう! /

    薄毛の教科書の注目記事を受け取ろう

    副作用

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    薄毛の教科書の人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

      この記事をSNSでシェア

    この記事を読んだ人におすすめの記事

    • ファナステリドの副作用【肝機能障害】について

    • ファナステリドの副作用【うつ】について

    • ファナステリドの副作用【妊娠】について