1. TOP
  2. ヘアケア
  3. 発毛剤
  4. ファナステリドの副作用【うつ】について

ファナステリドの副作用【うつ】について

発毛剤   916 Views

    うつ病は一生で15人に1人はかかる病と言われている現代病です。
    最近うつ病っぽいんだけど……とあなたが感じるとしたら育毛剤が原因かもしれません。
    うつ病と育毛剤に含まれるフィナステリド(プロペシア)の関係は解明されていませんが、ある論文からフィナステリドとうつ病の関係を徹底分析しました。
    フィナステリドを服用すると、うつ病のほかに心臓病や肝機能障害といった症状をはじめ多くの副作用が認められています。
    男性の薄毛治療に効果を発揮するフィナステリド(プロペシア)のダークサイドを解説します。

    フィナステリドの副作用

    男性型脱毛症の画期的な薬となったプロペシアに含有されているフィナステリドはAGA治療には欠かせない薬になっています。
    代表的な副作用としては、性欲減退が挙げられ、性欲自体が少なくなる、また精液の量が少なくなるという副作用が報告されています。
    これから子供が欲しいという人には、悪影響になる可能性がありますのでよく検討して服用すると良いでしょう。

    また女性の服用は禁止されています。

    女性はフィナステリド禁止!のポーズ

    服用だけではなく、触れることでも危険とされ、特に妊娠している女性がフィナステリドに対してこのような行為を行うと、胎児に悪影響を与える危険がありますので、絶対に行わないようにしましょう。

    フィナステリドとうつ病

    そしてうつ病になるという報告もされています。
    しかしこのうつに関しては諸説様々あり、そしてまだ医学的に解明されていない副作用です。
    フィナステリドを含む薬を服用することでうつ病になるというわけではなく、薄毛に対して悩みを抱くことでうつ病になるのではないかという報告もされているくらい、いろんな説があります。
    フィナステリドがうつ病を引き起こす可能性はまだ解明されていないのが現状です。

    うつ病の男性

    現在のAGA治療にはこのフィナステリドは絶対に欠かせない薬です。
    脱毛を予防し根強く頭髪を生やすことに効果があるフィナステリドは、前立腺肥大の治療薬として用いられていました。
    その副作用で、頭髪が増えたという報告があり、AGA治療に代用されることになったという経緯があります。
    現段階ではこのフィナステリドが欠かせない薬となっていますので、この薬を欠いたAGA治療をするというのは、少し難儀が伴うことになるでしょう。

    副作用の心配も確かにする必要がありますので、服用する場合は必ず専門クリニックで診察を受けてから服用するようにしてください。
    育毛発毛以外の何らかの作用が生じた時に、相談できる窓口があるだけで安心して服用することができる体制を整えておきましょう。


    【徹底分析】フィナステリドでうつ病になる理由

    フィナステリドの論文

    Wiley Online Libraryという論文まとめサイトに掲載された「A New Look at the 5 á-Reductase Inhibitor Finasteride」(日本語訳:5αリダクターゼを抑制するフィナステリドの最新報告)をもとにフィナステリドでうつ病になる原因が見えてきました。
    この論文には「5αリダクターゼをフィナステリドが阻害することで、5αリダクターゼだけでなく、アンドロステンジオールやアロプレグナノロンやテトラヒドロデオキシコルチコステロンといったニューロステロイドも阻害されます
    と書いてあります。
    どういうことか、順番に解説していきましょう。

    まず、うつ病になる原因をカンタンに説明します。
    うつ病になる原因は、脳内神経伝達物質が正常にシナプス間を移動できていないからと言われています。
    シナプスとは神経と神経の間にある接合部分です。
    例えば、ランニングをしよう!と思ったときに、正常であれば脳内神経伝達物質が100のうち100送られるとしましょう。
    すぐにランニングをするため外に飛び出します。
    しかし、鬱病だと100のうち10しか送られないため、ランニングをする気が全く起きず動きたくもない状態になってしまうのです。
    これが、うつ病になるカンタンな説明です。

    海馬のある脳

    では、脳内神経伝達物質を制御している脳の部位はどこか?
    それは海馬です。
    医療系のテレビ番組で聞いたことがある人もいるでしょう。
    大脳辺縁系の一部である海馬は記憶や空間認知も行っています。
    よくアルツハイマーの始まりは海馬と言われますよね。
    この海馬に精神的・心的ストレスがかかると海馬の神経細胞が破壊されて海馬は縮こまってしまいます。

    次に、心的ストレスで破壊されてしまう海馬の神経細胞の中を覗いてみましょう。
    ……いました、ニューロステロイドです。

    重要なニューロステロイドを発見したところで、ハゲてしまう原因を振り返ってみましょう。
    薄毛・抜け毛を起こす犯人は男性ホルモンDHTであり、DHTは5αリダクターゼとテストステロン(男性ホルモン)がくっつくことで誕生します。
    ここまで来ればあなたもお気づきですよね。
    初めにご紹介した論文には、「5αリダクターゼを阻害するフィナステリドはニューロステロイドも阻害する」と書いてありました。
    つまり、育毛剤に含まれるフィナステリド(プロペシア)により海馬に悪影響が出てうつ病になる、と考えられるのです。
    分かりやすく順序立ててみます。

    ①育毛剤フィナステリド(プロペシア)を使う

    ②ハゲる原因の5αリダクターゼをフィナステリドが抑え込む

    ③同時に海馬の細胞内にあるニューステロイドも抑え込む

    ④神経伝達物質を制御する海馬の機能が落ちる

    ⑤神経伝達物質が異常をきたしうつ病になる

    いかがでしょうか。
    ざっくりとフィナステリドとうつ病の関係を論文から探ってみました。
    フィナステリドはうつ病だけじゃなく様々な副作用をもたらす可能性がありますので、おかしいな?と感じたらすぐ服用をやめてお医者さんに相談してくださいね。

    副作用のない育毛剤ランキングはこちら

    当サイトが現在一番おすすめする育毛剤

    チャップアップ(CHAP UP)
    チャップアップ育毛剤

    価格:7,400円
    内容量:120ml
    販売元:株式会社ソーシャルテック

    現在、通販で一番売れている育毛剤がチャップアップです。
    当サイトの専門チームも成分や効果について検証し、ユーザーアンケートなどを取った結果、チャップアップが一番効果が出ていることがわかりました。

    ※当サイトでも実際に検証してみています。
    チャップアップの記事まとめ>>

    ポイントは以下です。
    ・ネットで一番売れている育毛剤
    ・44種類のスカルプケア成分、有効成分3種類、天然成分55種類、アミノ酸15種類など
    ・無添加、無香料
    ・購入回数縛り無し
    ・永久返金保証制度
    ・モンドセレクション金賞受賞
    です。

    当社が実施したユーザーアンケートでも薄毛に悩んでいた73%がチャップアップで改善したと答えました。
    (2018年3月Webアンケート対象者:516人)

    モンドセレクション金賞受賞 チャップアップ




    \ SNSでシェアしよう! /

    薄毛の教科書の注目記事を受け取ろう

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    薄毛の教科書の人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

      この記事をSNSでシェア

    この記事を読んだ人におすすめの記事

    • ファナステリドの副作用【肝機能障害】について

    • ファナステリドの副作用【妊娠】について

    • 発毛剤に配合されているミノキシジルの効果や副作用はどうか?